―― 時は20XX年、世は超々少子化世代 ――

特に男児の出生率が急下落した上、国を支える働き手の成人男性も、大半以上が寿命を全うしてしまった。

政府や関係機関はほとんどが女性だけで構成され、20世紀頃までとは逆に、女尊男卑が叫ばれるようになった。

だが、女性のみで国家が成り立つハズがない。

政府は、この男女の比率の格差を是正するべく、正気とは思えない新たな法律を制定・施行した。

『超少子化対策特別法案』

衆・参両院の全会一致で承認されたその法案は、俗に『セックス新法』と呼ばれ、この国中に広まった。

ひとつ。
成人男性の自慰行為を禁ずる。

ひとつ。
性行為に伴う避妊手段の一切を禁ずる。

ひとつ。
成人女性は、成人男性に性行為を要求された場合、いつ如何なる時もこれに応じねばならない。

ひとつ。
成人男性の求めに応じない成人女性は、政府指定の少子化対策特別施設へ身柄を送致する。

ひとつ。
一定の期間、性行為に及ばなかった成人男性は、政府指定の少子化対策特別施設へ身柄を送致する。


………

……



(ま、別にそういう大業を為そうとは思っちゃいないけどね)

俺、津村康浩(つむら やすひろ)は、そんな時代のそんな町で生まれ育った、貴重な男性である。

(お国の為に子作りするなんて馬鹿らしいし……好みの相手を探して、楽しくエッチ出来ればいいじゃん)

今日は、待ちに待った20歳の誕生日だ。

んでもって、自由にエッチなことしていいよ、という国のお墨付き……

もう、犯るっきゃないでしょ。




当サイトはInternet Explorer 6.0以降、画面解像度1024×768、文字サイズ「中」で動作確認済みです。
上記以外の環境で観覧されるとレイアウトが崩れる恐れがあります。
当サイト内の画像データなどの無断転載、無断複製等を禁止しています。
Copyright c 2006 softhouse-seal. ALL Rights Reserved.